RAL -RATOC Audio Lab-
image
  • RP-EC5-AI
  • こだわり派におすすめ!!
    RATOC製 5inchドライブケース用
    制振強化オプションキット
  • CDリッピング用
    制振強化オプションキット
  • 標準価格 OPEN

 

5inchドライブケースをオーディオCDリッピング用ドライブ仕様にグレードアップ

RP-EC5-AIは、企業向け長期保管ディスク用ドライブケースや外付けリムーバブルディスクケースなど、さまざまなプロの現場に採用された実績のあるRATOC製 5inchドライブケースを、音楽CDのリッピング用ドライブにカスタマイズできる制振強化オプションキットです。
RATOC製 5inchドライブケースのABS製スリーブ筐体を、インサートインシュレーターを採用した本製品へ変更することにより、お気に入りの光学ドライブを最善の環境で動作させることができます。

RP-EC5-AI に対応するドライブケース一覧
1 USB3.0 ドライブケース RS-EC5-U3 製品詳細をみる(ラトックシステムのサイトへ) ⇒
2 USB3.0/eSATAドライブケース RS-EC5-EU3 製品詳細をみる(ラトックシステムのサイトへ) ⇒
3 eSATA ドライブケース RS-EC5ES-BK 製品詳細をみる(ラトックシステムのサイトへ) ⇒
4 USB2.0/eSATAドライブケース RS-EC5EU-BK(出荷完了品) 製品詳細をみる(ラトックシステムのサイトへ) ⇒

リッピングドライブに最適な振動制御

CDプレーヤーなど音楽を再生する同一の空間に設置された光学ドライブ機器は、ドライブ自身から発せられる内部振動と、音楽を再生することにより発せられる音波、2つの振動から影響を受けることになります。こういった状況下では、フット部のスパイク等によるインシュレーターでの対策が一般的です。

CDプレーヤー等とは異なり外的要因(音波)による振動を軽視できるリッピング。
本製品は筐体が設置される位置と光学ドライブの位置関係に着目。光学ドライブを低く設置することで余分な振動の発生を抑え、振動を効果的に減衰。CDに保存された音源をよりよい環境下でリッピングができるようになります。

本製品は上記のような振動を効率よく減衰させるため、ケース内部の上下にシートタイプのインシュレーターを配置し光学ドライブを内蔵した5inchケースを密着させる構造を採用。
また、インシュレーターを設置する筐体には、従来のABS製スリーブより遥かに比重の大きいFe1.6t鋼板を採用。 強固なスリーブケースへ変更することにより、インシュレーター本来の性能を発揮すると共に全体へ伝わる共振を防止します。
ご注意ください
右図:「セルダンパー」取り付けイメージ
下図:RP-EC5-AI制振イメージ

【イノアック製セルダンパー】

本製品に採用するイノアック製セルダンパーは、セル構造の発泡ウレタンエラストマーです。
セル構造密度の異なる数種類のセルダンパーから本製品に最適な密度を持つBF-150をセレクト。 光学ドライブから発生した振動を素早く減衰します。 セル構造からなる優れたダンピング効果により振動を低減する本素材は、圧縮による歪みが小さく耐久性も高いため、建物の防振や建設工事など防振材として、また医療機器MRIの防振やHDDのダンパーなど、あらゆる現場で採用されています。
ご注意ください
右図:INOAC製 防振ウレタンエラストマー「セルダンパー」断面イメージ

細部までこだわった制振の為のディテール

RATOC製 5inchドライブケースの特徴である簡単に固定できる内部鋼板の天板は、ネジ留めされていないため光学ドライブの動作により共振してしまう可能性があります。本製品にはここにもINOAC製セルダンパーを取り付けて内部共振を抑えます。
製品情報