RAL -RATOC Audio Lab-
image
  • RAL-DSDHA5
  • 据置型・ポータブルで培った技術を惜しみなく投入した、多彩な出力パターンをもつ上質なヘッドホンアンプ
  • DSD256 & PCM 24bit/384kHz
  • バランス駆動/標準シングルエンド両対応USBヘッドホンアンプ
  • 標準価格 ¥60,000(税別)


DSD256,L-PCM 最高24bit/384kHzのハイレゾ音源を忠実に再生
24bit/192kHz対応の光デジタル入力も搭載した
据置型フルバランスヘッドホンアンプ

RAL-DSDHA5は、DSD256音源のネイティブ再生が可能なDoP(DSD Audio over PCM Frames)方式に対応したコンパクトな据置型USBヘッドホンアンプです。 当社推奨の2.5φマイクロジャック×2のRALモード、2.5φマイクロ4極のAK互換モード、SONY製ヘッドホンをバランス駆動するSONY互換モードに対応。また、据置型バランスヘッドホンアンプに多く採用されるXLRモードとシングルエンドモードを加えた5種類のモードに本製品1台で対応することが可能です。

ご注意ください
DSDフォーマットの音源を再生する場合は、DoP(DSD Audio over PCM Frames方式)に対応する音楽再生ソフトウェア(foobar2000/Audirvana Plusなど)で再生する必要があります。

出力パターンは5種類の出力モードを搭載、
REX-KEB03と組み合わせれば、外出先でも好みのスタイルで楽しめる


RAL-DSDHA5のヘッドホンアンプ部は、5種類のモードに対応。バランスヘッドホン出力は当社推奨の2.5Φマイクロジャック×2のRALモード※、Astell&Kern製AK240/AK120Ⅱなどに採用される2.5Φマイクロ4極のAK互換モード、3.5Φ⇔2.5φ変換アダプター(SONY PC-262S×2)を併用することにより、SONY製ヘッドホンをバランス駆動するSONY互換モードのいずれにも対応。更にXLRバランスヘッドホン出力も搭載しています。シングルエンドヘッドホン出力は標準ステレオジャックの1系統を搭載。幅広いケーブルのイヤホン/ヘッドホンに対応しています。
また、弊社ポータブルヘッドホンアンプと組み合わせることで、外出先でもバランス接続で音楽を楽しむことが可能です。

ご注意ください
2.5φマイクロモノラルジャック×2を接続する場合は必ずヘッドホン出力切替スイッチをS.E側にしてから接続し、その後Bal側に設定してください。
接続するイヤホン・ヘッドホンにより若干のホワイトノイズが発生します。

下図:RAL-DSDHA5のヘッドホン・イヤホン出力パターン

ヘッドホン・イヤホンの
ボリュームカーブを切り替え可能

RAL-DSDHA5は、接続するヘッドホン/イヤホンに合わせ、スイッチでボリュームカーブを切替(OHM⇔IEM)可能。ハイインピーダンスの大型オーバーヘッドホンから高能率のイヤホンまで幅広く使用できます

スイッチ部写真

アナログ2ch出力搭載で外部アンプへ接続が可能

RAL-DSDHA5の本体背面には、前面ボリュームで調節できるRCAアナログ出力を搭載。ボリューム調節の無いパワーアンプやパワードモニタースピーカーなどを接続して使用することができます。
背面出力写真
ご注意ください

本機前面ボリュームはアナログ出力、ヘッドホン出力全てに連動します。ヘッドホンのボリュームのみを調節することはできません。

高級オーディオ用DACとして定評のあるESS製DAC
「9010K2M」を搭載

DAC写真

高級オーディオ用として評価の高いESS「9010K2M」を搭載。高速クロック(80MHz)によるESS独自のジッター除去アルゴリズムとデジタルフィルターを使用しています。

高精度水晶発振モジュールを2基搭載
表現力を最大限に引き出すフルバランス構成回路を採用

USBから入力された音楽データは、本体内部2個の独立した高精度水晶発振モジュール(22.5792MHz、24.576MHz)により正確なI2S信号に変換され、DACに供給されます。

また、DACから出力された音楽データはI/V変換後、ヘッドホン出力まで左右独立のフルバランス構成回路を経由して出力されます。

入力はUSB, 光デジタルを搭載

RAL-DSDHA5は、USBおよび光デジタル(S/PDIF)の入力に対応。
パソコンと接続するのはもちろん、CDプレーヤーなど外部オーディオ機器と接続する事が可能です。

下図:RAL-DSDHA5の入力パターン

パソコンと簡単に接続、お好きな再生ソフトウェアですぐに高音質を楽しめる

RAL-DSDHA5は、パソコンのUSBポートと本機のUSB 標準-B入力を接続することで、USB Audio Class 2対応のハイスピードデバイスとして動作します(DSD:DSD64/DSD128/DSD256、リニアPCM:最高24bit/384kHzの音源に対応)。iTunesやMedia Playerをはじめ、パソコンからUSBポートに音楽データ転送が可能なアプリケーションであれば、再生ソフトを選ばず高音質で楽しむことができます。
また、foobar2000※1やAudirvana Plusなど、DoP(DSD Audio over PCM Frames)方式に対応した音楽再生ソフトでは、DSD音源のネイティブ再生※2が可能です。

ご注意ください
※1:
foobar2000を使用し、DSD音源をネイティブ再生する場合、以下プラグインの追加と設定が必要です。
◆foo_out_asio(foobar2000用ASIO出力プラグイン)
◆foo_dsd_asio(foobar2000用DSD⇒ASIO出力プラグイン)※ダウンロード時のファイル名は
“foo_input_sacd-0.6.0.zip”
http://sourceforge.net/projects/sacddecoder/files/foo_input_sacd/
※2:
DSD音源を再生する場合は、事前にWAV(PCM)ファイルに変換したDoP_DSD対応ファイルが必要です。

RAL-DSDHA5 各部名称

製品情報