RAL -RATOC Audio Lab-

PCオーディオ導入マニュアル

3-1.DSD音源について
3-1-2.DSD音源の再生に必要なもの

DSD音源を再生するために、以下を準備します。

  • (1)DSD音源(データ)
    DSD音源(DSF/DSDIFFファイル)は、音楽配信サイトでのダウンロード購入や収録DVDなどメディアの購入により
    入手できます。(SACDはDSD方式ですが、SACDプレーヤーでのみ再生可能であり、パソコンで再生することはできません。)

    【DSD音源入手可能なサイトの例】
  • (2)DSDに対応したUSB DAC
    DSD対応データをオーディオ信号に変換するには、USB DACもDSDに対応している必要があります。 ラトック製USB DACの場合、型番に「DSD」がついているものが対象です。

DSD音源に対応したラトック製品
REX-A2496HA1 DSD & PCM 24bit/192kHz対応
USB D/A コンバーター
REX-DSDHA1
RAL-DSDHA1の
製品情報を見る ⇒
RAL-24192HA1 DSD & PCM バランス駆動/標準シングルエンド両対応
USB ヘッドホンアンプ
RAL-DSDHA2
RAL-DSDHA2の
製品情報を見る ⇒

    DSD対応のUSB DACは USB Audio Class 2.0 を採用しているので、Windowsでは製品に添付しているドライバーの インストールが必要です。
  • (3)DSD(DoP方式)に対応した再生ソフトウェア
    RALシリーズは、DoPに対応した再生ソフトウェアを使用することにより、DSD音源をネイティブに再生することができます。 おもなソフトウェアとして、Windows環境ではfoobar2000、HQPlayer、JRiver Media Center、Mac環境ではAudirvana Plusが挙げられます。foobar2000はコンポーネントの追加、HQPlayerやJRiver、Audirvana Plusは設定の変更が必要です。なお、iTunesやWindows Media Playerは、DSD音源再生に対応していません。(あらかじめDoP_DSD対応のWAVファイルに変換することで再生は可能ですが、ここでは割愛いたします)


製品情報